【!】消費税率変更に伴う価格変更のお知らせ
CUBEBOXα 公式ショップ  >  3月新商品第3弾!スリムフレームのニュー・コレクションケース! 後編

3月新商品第3弾!スリムフレームのニュー・コレクションケース! 後編

3月新商品第3弾!置く・掛ける!ニーズに合わせた新しいコレクションケース!

new_f_case

こんにちは、ブログスタッフです。 前回紹介した新コレクションケース「Fステージ」。大まかに分けて、「ノーマル型」「スリム型」の2種がある、と説明しました。
今回はこのシリーズを更に細かく紹介していきます。とても長くなります…!

ノーマル型

J-STAGEとほぼ同サイズのケースで、上下で3段までの積み上げを可能としています。 この中でも、LED付きユニットのタイプ、LED無しユニットのタイプ、透明アクリル板天板のタイプの3種に分かれます。
08
 09
これらは上下をひっくり返しても使うことができ、LED付きのタイプは上、もしくは下からと、好きな位置からライトを当てることができます。
LEDなしタイプのユニットは光らせることこそできませんが、ユニット本体が頑丈で安定性のある土台として機能し、また、天板が透明アクリルとなるために環境光でフィギュアを照らせます。

10_02
LEDなしタイプは全面がアクリル板なので遮るものが最小限に抑えられており、高品質国産アクリル越しに見るお気に入りのフィギュアを余すこと無く堪能できます。
積み重ねるときには底面が透明なので、上方向からの光を下段に送れますね。

そんなFケースシリーズ ノーマル型で一番の豪華仕様は、上下LED付きのノーマル型とLED無とを合わせ、背面にミラーを付けたものです。 LED自身の光だけでなく、ミラーが環境光・LEDライトを反射するので、とても明るく感じられます。

スリム型

スリム型は卓上や棚の上など、台の上での設置を推奨している薄型コレクションケースです。

13

タテ置きのサイズは外寸で幅350×奥行163×高さ400mm、ヨコ置きのサイズは幅413×奥行163×高さ314mm。 タテ置きとヨコ置きの2種類があるのですが、組立方法の都合上とサイズ違いのため、ヨコをタテに、タテをヨコにしてディスプレイすることはできません。
その代わりとして、スリム型には独自の2つの特徴があります。

14
1つ目は「壁掛け」。
“スリム型壁掛けタイプ”には背面に引っ掛けるためのパーツがついており、壁に設置したフックに引っ掛けることで固定させます。壁掛けのみ背面板が鉄板となっていますが、最初からミラーが付属しているセットもあります。
06

2つ目は「後付棚」。
側板には1枚に付き6つ、合計12個の小さな穴が空いています。
この小さな穴に棚(別売)を支える棚受けを差し込めば、アクリル板を上に乗せるだけでケース内に段を作ることが出来るようになります。
12

棚はタテ専用とヨコ専用の2タイプあり、それぞれが3段階・2段階で棚位置を変えることができます。
例えば、写真のような板の位置にして下段に大きめのプライズフィギュア・上段に小さめのマスコットフィギュアを置いてみたり、棚板を2枚用意して小さめ~中くらいのフィギュアをたくさん飾ってみたり…と、その人それぞれで飾りたいコレクションに合わせてケースの仕様を変えられます。

連結ができる!

15
これらの製品は壁掛けタイプを除いて、それぞれの型同士で連結が可能です。
ケースにはガタツキ防止のくぼみがありますが、専用の連結クリップをケースとケースの間にぱちりとはめ込めば、連結がより強固なものになります。
安全のためにノーマル型は上下連結を3台まで、スリム型は2台までとしていますが、それぞれ3台、2台の積み上げでも十二分に良いディスプレイを作ることができます。

人によっては大きいものを飾ったり、小さいもののみを並べたり、とそれぞれの個性が出ます。個性のある、自分のお気に入りのフィギュアだからこそ、キレイに並べられたらとてもステキですね。 今回ご紹介いたしましたFケースは当店で販売開始しておりますので、ぜひ各商品ラインナップをご覧ください。

以上、ブログスタッフでした。

※フィギュアはスタッフ私物です。


【関連商品リンク】
Fケース
Fケース スリム型
Fケース ノーマル型
Fケース オプション

※フィギュアはスタッフ私物です。

他の記事一覧